1. ホーム
  2. ≫【ヘモグロビン値12.1以下は注意】日本人女性の20%が貧血という事実!

【ヘモグロビン値12.1以下は注意】日本人女性の20%が貧血という事実!

貧血で寝起きがダルい女性の写真日本女性の約20パーセントが貧血といわれていますが、その70パーセントほどが「鉄欠乏性貧血」です。

貧血かどうかは、健康診断や妊婦健診などの血液検査でわかります。

検査をする予定はないけど、貧血かどうか確かめたい。」という人は、貧血の時に出やすい症状をチェックするのがおすすめです。

貧血の症状はいろいろありますが、わかりやすいのは、次のような症状です。

・疲れやすさやだるさを感じる
・まぶたの裏が白っぽい
・爪に縦線またはもろい

爪に縦線が入る人は、慢性的に鉄分が不足している可能性があります。

病院に行くほどではないけど、貧血が気になるという方はヘム鉄サプリを飲んでみるのもいいと思います。

→人気のヘム鉄サプリはこちら
今月1番売れてるヘム鉄サプリをチェック!

貧血はどれくらいのヘモグロビン値から?

血中のヘモグロビン値を測定する医師の写真血液検査の値でいうと、ヘモグロビンの値が12.1よりも小さくなったら「貧血」と言えます。

ただしヘモグロビンの値が12より上だからといって安心できないのは、妊娠初期の血液検査。

妊娠中の特に中期から後期にかけては、どんどん大きくなる赤ちゃんのために、いつもよりも多くの鉄分が必要になります。

ですから、ぎりぎり貧血じゃないヘモグロビンの値が出た人は注意が必要です。

貧血はひどくなるとなかなか治らないので、貧血になる前から対策するのがおすすめです。

→ 貧血女子におすすめのヘム鉄サプリを徹底比較|今1番売れてるのはコレ!

おすすめの貧血対策

貧血になる前から予防するのが一番ですが、貧血になったらしっかり対策するようにしましょう。

貧血の対策には大きく分けて、

・鉄分、ビタミン類を摂る
・体質改善
・軽い運動、マッサージ

などがあります。

まずは食事や鉄剤・サプリメントで、鉄分・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸を補うのが効果的です。

また、ダイエットや偏食から貧血になっている人は、食事やサプリメントが効きますが、おなかを壊しやすくて栄養分を吸収しにくい体質の人は、胃腸の調子を整えるのも大事なポイントです。

漢方などで、体質を改善しながら栄養素を補うのが効果的です。

鉄分や栄養を吸収した後、血行を改善して貧血の症状を改善するのもおすすめです。

貧血になると血行が悪くなり、冷えやむくみが起こることがあります。

鉄分やビタミン類を補いながら、軽い運動やマッサージで血行改善をサポートすることができます。

自分でできる貧血対策は?

自分でできる貧血対策を考える女性の写真日常生活に支障をきたすほどの貧血は、一度病院に行ってみたほうが安心です。

病院に行って鉄剤を処方してもらうだけでも、自分でできる対策をプラスできます。

また、貧血かどうかギリギリのところ、という人は自分でできる貧血対策をして予防するのがおすすめ。

・鉄分の多い食材を取り入れる
・ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸を含む食材を取り入れる
・体質に合う漢方食材を取り入れる
・定期的にウォーキングや体操などの軽い運動をする
・マッサージやツボ押しで血行促進

ギリギリ貧血じゃない人や軽い貧血の人はさらにサプリメントで自分の足りない成分を足すといいでしょう。

→貧血女子におすすめのヘム鉄サプリを徹底比較|今1番売れてるのはコレ!

貧血は鉄剤をもらっていったん治っても、生活習慣を変えないと、また貧血に後戻りする可能性が高いです。コツコツと対策を続けて、健康を保ちましょう。

まとめ

食生活や運動の習慣など、わかっていてもなかなか実行できない人もいるかもしれません。

忙しい毎日の中、初めから完璧にしようとすると、ストレスが溜まってしまうこともあります。

そんな時はサプリメントを摂るなどの、簡単にできることから少しずつ始めて、徐々に貧血になりにくい体を作りましょう。

とにかく無理なく続けることが1番大切です。

→貧血女子におすすめのヘム鉄サプリを徹底比較|今1番売れてるのはコレ!